【Accel-Mart Plus】 PostgreSQL 9.6のサポート終了に伴う対応について

 

平素より Accel-Mart on AWS サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

PostgreSQL 9.6が2021年11月11日にサポート終了となります。
それに伴い、AWS より Amazon RDS for PostgreSQL 9.6が使用不可になると通達がありました。
そのため、個社利用環境で使用している Amazon RDS for PostgreSQL 9.6を Amazon RDS for PostgreSQL 11にアップデートいたします。
RDS for PostgreSQL のアップデートに関する「弊社の対応」と「お客様へのお願い」についてご連絡いたします。

弊社の対応について

  • アップデート対象の環境
    開通通知書の「RDS情報」-「ミドルウェア」が"PostgreSQL" 、かつ「バージョン」が"9.6"と記載されている個社利用環境です。
  • アップデート実施日
    Development環境:2021年7月14日(水) 22:00 - 翌8:00
    Development以外の環境:2021年8月18日(水) 22:00 - 翌8:00
  • 対応内容
    弊社にて Amazon RDS for PostgreSQL 9.6を Amazon RDS for PostgreSQL 11にアップデートいたします。
    (以下、弊社で実施する Amazon RDS for PostgreSQL 9.6から Amazon RDS for PostgreSQL 11へのアップデートを「PostgreSQL アップデート」と略します。)

お客様へのお願い

  • PostgreSQL アップデートにより、データベースが PostgreSQL 9.6から PostgreSQL 11になります。
    また、弊社リリースノートのシステム要件にPostgreSQL 11が記載されてないバージョンの intra-mart 製品につきましては「条件付サポート」※1となります。
    そのため、PostgreSQL アップデート作業前に、お客様側で intra-mart 製品を PostgreSQL 11対応済みバージョンにアップデート ※2をお願いいたします。
    【intra-mart 製品の PostgreSQL 11対応済みバージョン】

          ・intra-mart Accel Platform
              2019 Spring(Violette) 8.0.22 以上

          ・IM-FormaDesigner for Accel Platform
              2019 Spring (8.0.21) 以上

          ・IM-BIS for Accel Platform
              2019 Spring (8.0.19) 以上

          ・IM-BPM for Accel Platform
              2019 Spring (8.0.8) 以上

          ・intra-mart Accel Collaboration
              2019 Spring (8.0.21) 以上

          ・intra-mart Accel Documents

              2019 Winter (8.0.11) 以上

          ・intra-mart Accel Archiver
              2019 Winter (8.0.13) 以上

          ・intra-mart Accel Kaiden

             2020 Spring (8.0.9) 以上

          ・IM-PDFDesigner for Accel Platform
              2019 Spring (8.0.12) 以上

          ・OpenRulesモジュール
              2019 Spring (8.0.6) 以上

          ・intra-mart DPS for Sales
              8.0.0 以上

 ※1 条件付サポートとは
 弊社リリースノート記載以外のOS・JDKなどの各種ミドルウェアをご利用になる場合の弊社サポートは条件付のサポートとなります。
 お客様のご都合により利用される場合は、弊社サポートへのお問合せは、お客様側で事前に対象製品に起因する問題かの切り分け・原因調査を含む作業をお願いする、条件付きサポートです。
 お客様ご利用環境に起因する問題、また、その問題により影響する弊社製品側の対応は、製品保守サービスの範疇では対応を致しかねます。予めご了承ください。

      【製品リリースノート記載以外の動作環境について】
           https://dev.intra-mart.jp/product_policy/

※2 intra-mart 製品のアップデートについて
 Accel-Mart での最新版へのアップデートを推奨いたします。
 【intra-mart Accel Platform Accel-Mart on AWS / サービス仕様書 8.2. アップデート・パッチ対応

 (バージョンアップ含む)】
   https://aws.accel-mart.com/service_manual/texts/08_maintenance/index.html#update-patch

 

よくある問い合わせ

■PostgreSQL アップデート当日に関する問い合わせ

   Q. PostgreSQL アップデート作業中に運用管理サイトは使えますか?
   いいえ。アップデート中の再起動等による事故防止のため、使用できません。

  Q. PostgreSQL アップデート作業中に設定されている定期バックアップは実行されますか?
   いいえ。設定されている定期バックアップスケジュールは弊社にて無効化するため、実行されません。
   アップデート完了後に弊社にて有効化いたします。

  Q. PostgreSQL アップデート作業中に個社利用環境は使えますか?
   いいえ。アップデート作業中は intra-mart を停止するため、使用できません。

  Q. PostgreSQL アップデート当日に実施しておくべきことはありますか?
   OS や intra-mart を再起動する場合があるため、バッチやジョブネットは停止しておくことを推奨いたします。

■intra-mart Accel Platformのアップデートに関する問い合わせ

  Q. intra-mart Accel Platform をアップデートするには何を行えばよいですか?
   Accel-Mart における intra-mart Accel Platform のアップデートの流れは以下になります。
   また、以下の作業はお客様側での実施となります。
   ①intra-mart Accel Platformのアップデートの実施
   ②モジュールデプロイの実施
   ③テナント環境セットアップの実施
   ④アプリケーションの動作確認の実施

   ①intra-mart Accel Platform のアップデートの実施
     以下のURLを参考に、IM-Juggling で intra-mart Accel Platform のアップデートをします。
   【intra-mart Accel Platform バージョンアップ、アップデートの手引き】
      https://www.intra-mart.jp/document/library/iap/public/update/verup_update_guide/texts/index.html

   【intra-mart Accel Platform セットアップガイド 10. アップデート・パッチの適用・モジュール構成の変更】
      https://www.intra-mart.jp/document/library/iap/public/setup/iap_setup_guide/texts/create_war/change_to_project.html

   【テナント環境セットアップ後の各種メンテナンス(アップデートによるメンテナンス)】
      https://www.intra-mart.jp/document/library/iap/public/setup/iap_setup_guide/texts/create_war/update_module/maintenance_after_setup.html#maintenance-after-setup

  ②モジュールデプロイの実施
     アップデート完了後、warファイルと静的コンテンツを出力し、運用管理サイトからモジュールデプロイを実施します。
   【intra-mart Accel Platform Accel-Mart on AWS / 運用者操作ガイド モジュール反映】
      https://aws.accel-mart.com/am_document/texts/system_operation/module_release.html

  ③テナント環境セットアップの実施
     お客様の環境にシステム管理者でログインし、システム管理画面にて、テナント環境セットアップを実施します。

  ④アプリケーションの動作確認の実施
     開発したアプリケーションの動作確認を実施します。

 

Q.SpreadJS V12 のライセンスはどこから入手しますか?
   IM-Spreadsheet のアップデートで SpreadJS のメジャーバージョンに変更がある場合は、ライセンスキーの再発行が必要です。
  SpreadJS のバージョンにつきましては、intra-mart Accel Platform 2018 Winter まではV10、intra-mart Accel Platform 2019 Spring 以降がV12となります。
  SpreadJS V12用のライセンスが必要なお客様は、弊社サポート窓口までご連絡ください。
  また、SpreadJS の新規ライセンスを発行後は、IM-Juggling で新規ライセンスを登録してください。
 【IM-Spreadsheet for Accel Platform 2020 Winter リリースノート ライセンスについて】
    https://www.intra-mart.jp/document/library/im_spreadsheet/public/im_spreadsheet_release_note/texts/introduction_license/index.html

 

 Q. OSログインオプションを契約していない場合、OS上での作業はどうすればよいですか?
   intra-mart Accel Platform のアップデート作業の中で、OS上での作業が必要となる場合がございます。
   例)IM-FormaDesignerのtemplate ファイル変更
    https://www.intra-mart.jp/document/library/forma/public/forma_setup_guide/texts/create_war/update_module/editing_configuration_file.html
   弊社にて対応いたしますのでサポート窓口へご依頼ください。

■その他

 Q. PostgreSQL アップデートを別の日に対応することはできますか?
  いいえ。申し訳ございませんが、別日でのPostgreSQL アップデートは対応致しかねます。

 Q. PostgreSQL 9.6で取得したバックアップからリストアできますか?
  いいえ。PostgreSQL 9.6で取得したバックアップにつきましては、運用管理サイトのリストア機能から選択できなくなります。

 Q. PostgreSQL 11にアップデートせずに PostgreSQL 9.6をそのまま使い続けることはできますか?
  いいえ。AWS の仕様により、PostgreSQL 9.6を使い続けることはできません。
  PostgreSQL 9.6のサポート終了後、AWS側で強制的にアップデートされます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk