Amazon Linux 2のサポート終了に伴う対応について

平素より Accel-Mart Plus サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。


現在 Accel-Mart Plus では標準 OS の一つとして Amazon Linux 2 を使用しておりますが、 Amazon Linux 2 は 2025 年 6 月 30 日にサポート終了となります。

【Amazon Linux 2 に関するよくある質問】
https://aws.amazon.com/jp/amazon-linux-2/faqs/

そのため、個社利用環境で使用している Amazon Linux 2 を Amazon Linux 2023 への移行対応を予定しております。
これに伴い、Amazon Linux 2023 への移行に関する「移行ロードマップ」、「対象環境」、「弊社の対応」、「お客様への依頼事項」についてご連絡いたします。

移行ロードマップ

対象のお客様は下記のスケジュールで Amazon Linux 2023 移行対応を実施予定です。

 

FY2024ロードマップ_ver2.jpg

ステップ1intra-mart Accel Platform バージョンの事前アップデート期間(2024年12月末まで)

  • 後述の「お客様への依頼事項」に記載の通り、Amazon Linux 2023 移行対応前に intra-mart Accel Platform のバージョンを 2024 Spring 以降にアップデートをお願いいたします。

ステップ2Development プラン環境の Amazon Linux 2023 移行対応の実施(2025年1月頃) 

  • お客様の Development プラン環境の OS を Amazon Linux 2023 へ移行する予定です。

ステップ3Development プラン環境の検証期間(2025年2月頃)

  • ステップ2 で OS を移行した環境にて、お客様側で開発したアプリケーション等の動作確認をしていただく期間です。

ステップ4Development プラン以外の環境の Amazon Linux 2023 移行対応の実施(2025年3月頃)

  • お客様の Small 、Medium 、Large プラン環境の OS を Amazon Linux 2023 へ移行する予定です。

ステップ5Development プラン以外の環境の検証期間(2025年4月頃)

  • ステップ4 で OS を移行した環境にて、お客様側で開発したアプリケーション等の動作確認をしていただく期間です。

また、移行対応日の日程調整をすることはできません。予めご了承ください。
詳細な実施日時につきましては追って周知いたします。

 

対象環境

  • 移行対象となる環境
    Amazon Linux 2 の OS を使用している個社利用環境を対象としています。
    • お客様の環境で使用している OS 種別は、運用管理サイト上の 契約>契約内容参照>サーバ情報>OS から確認が可能です。OS 種別が Amazon Linux 2 と表示されている環境が対象となります。
    • また、お客様の契約プランに関しましても、運用管理サイト上の 契約>契約内容参照>Accel-Mart Plus 環境情報>契約プラン にて確認することが可能です。

  • 対象のサーバ
    個社利用環境については、以下の EC2 が対象となります。
    • APサーバ:intra-mart (Resin)を実行するサーバ
    • ストレージサーバ:intra-mart で使用する各種データを格納するサーバ
    • All in Oneサーバ:APサーバ・ストレージサーバの各機能を一つのサーバに集約したサーバ
    • 全文検索サーバ:IM-ContentsSearch で使用する Solr を格納したサーバ
    • カスタムサーバ:お客様にて自由にシステムを構築可能なサーバ

弊社の対応について

  • 対応内容
    弊社にて個社利用環境で使用している OS を Amazon Linux 2 から Amazon Linux 2023 に移行いたします。

お客様への依頼事項

対象のお客様は Amazon Linux 2023 への移行に備え、移行前後でそれぞれ下記の対応をお願いいたします。


■Amazon Linux 2023 移行対応前:

intra-mart Accel Platform のバージョンアップ

Amazon Linux 2023 移行対応により、OS が Amazon Linux 2 から Amazon Linux 2023 に変更されます。
それに伴い、移行完了後に Amazon Linux 2023 に対応されていないバージョンをご利用の場合、「条件付きサポート」※1となります。

そのため、Amazon Linux 2023 移行対応前に、お客様側で intra-mart 製品を Amazon Linux 2023 対応済みバージョンにアップデート ※2をお願いいたします。

アップデートの流れについては下記FAQより確認ください。
【Accel-Mart Plus における intra-mart Accel Platform 、および、Accel シリーズ製品のアップデートの流れを教えてください。】
https://cloud.intra-mart.support/hc/ja/articles/31411750879641

  • ※1 条件付きサポートとは
    • Amazon Linux 2023 に対応されているバージョン以外の JDK などの各種ミドルウェアをご利用になる場合、弊社サポートは条件付きのサポートとなります。
    • お客様のご都合により利用される場合、弊社サポートへのお問合せは、お客様側で事前に対象製品に起因する問題かの切り分け・原因調査を含む作業をお願いする、条件付きサポートです。
    • 個社利用環境に起因する問題、また、その問題により影響する弊社製品側の対応は、製品保守サービスの範疇では対応を致しかねます。予めご了承ください。
      【製品リリースノート記載以外の動作環境について】
      https://dev.intra-mart.jp/product_policy/
  • ※2 Amazon Linux 2023 対応済みバージョンについて
    • Accel-Mart Plus での最新版へのアップデートを推奨いたします。
      Accel-Mart Plus としては 2024 Spring から Amazon Linux 2023 に対応いたします。

 

wkhtmltopdf の廃止に伴う対応

wkhtmltopdf を利用中のお客様は前述の「intra-mart Accel Platform のバージョンアップ」に伴い、wkhtmltopdf が動作保証外になります。
そのため、アップデート前のバージョンで wkhtmltopdf を利用しているお客様は以下の対応をお願いいたします。

  • クライアントサイドのPDF出力 :ブラウザ印刷を利用した機能の利用の検討。
  • サーバサイドのPDF出力 : IM-PDFDesigner の利用の検討。

 

■Amazon Linux 2023 移行対応後:

お客様側で開発したアプリケーションの動作確認

 

 

Q&A

■Amazon Linux 2023 移行対応当日に関する問い合わせ

Q. Amazon Linux 2023 移行対応の作業中に運用管理サイトは使えますか?

いいえ。移行中の再起動等による事故防止のため、使用できません。

Q. Amazon Linux 2023 移行対応の作業中に設定されている定期バックアップは実行されますか?

いいえ。設定されている定期バックアップスケジュールは弊社にて無効化するため、実行されません。
移行完了後に弊社にて有効化いたします。

Q. Amazon Linux 2023 移行対応の作業中に個社利用環境は使えますか?

いいえ。移行作業中は intra-mart を停止するため、使用できません。

Q. Amazon Linux 2023 移行対応の当日に実施しておくべきことはありますか?

OS や intra-mart を再起動する場合があるため、バッチやジョブネットは停止しておくことを推奨いたします。

 

■その他

Q. Amazon Linux 2023 移行対応の日時を変更できますか?

いいえ。別日での Amazon Linux 2023 移行対応は対応致しかねます。
ただし、Small 、Medium 、Large プラン環境だが、Development プラン環境の移行タイミングで対応したいといった場合に限り、事前にご連絡していただくことで実施タイミングの変更が可能です。
移行タイミングを変更したい旨を Accel-Mart Plus サービスサポート窓口までご連絡ください。

Q. Amazon Linux 2 で取得したバックアップからリストアできますか?

いいえ。Amazon Linux 2 で取得したバックアップにつきましては、運用管理サイトのリストア機能から選択できなくなります。

Q.Amazon Linux 2023 移行対応をせずに Amazon Linux 2 をそのまま使い続けることはできますか?

いいえ。Amazon Linux 2 を使い続けることはできません。

Q. Amazon Linux 2023 移行対応に失敗した場合、対応は無償となりますか?

お客様で開発されたアプリケーションを起因とする問題でAmazon Linux 2023 移行対応に失敗した場合、有償での対応となる場合があります。

Q. Amazon Linux 2023 移行対応の前後で、Accel-Mart Plus の変更点はありますか?

Amazon Linux 2 から仕様変更されている点は下記です。

 

【2024/05/23 16:30追記】
Amazon Linux 2023 移行ロードマップの図を新しく差し替えました。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk